リーバイス201XXの修理糸選びに苦戦

スポンサーリンク

今日は10月にも関わらず暑かった
茨城県では27度だったとか・・
明日は21度の予報です
衣替えしづらいです・・

新しくホームページを作りました。
この「ジーンズK」はジーンズリペア修理専門のサイトになります
かざまクリーニングのサイトから切り出しました

2年前からジーンズリペアを始めて色々と試行錯誤しながらなんとか
ジーンズKらしい修理の形が見えてきました

今日はリーバイス201XXの裾のすりきれの修理のご紹介です
閉店間際まで旅行の話で楽しませていただきました
ありがとうございました

ヴィンテージジーンズは特に太ももあたりは黄ばみに合わせて糸選びすると暗くなる傾向に
なので僕は少し明るめで糸を入れます
明るすぎても糸が目立つので、洗濯しても良い場合は一度洗濯させていただいてからリペアしています

クリーニング屋ですから色止めはバッチリ任せて下さい
とはいえリジットはさすがに色が出ます・・

今回は裾のすりきれの修理のご紹介、厚い生地で当て布してしまうと着用したときに
シルエットが不自然になるので、出来る限りごわ付かない仕上がりを目指します
裾のほつれ
すりきれ
ステッチし直しで作業完了です
シンチバック、かっこいい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする