ジージャンとデニムジャケットの違いを僕なりに

スポンサーリンク

ジージャンとデニムジャケットの違いってなんでしょうか?
ただ単に呼び方が違うだけ?
調べてもきちんとした答えが出てこないので僕なりに感じたのは

「どういうファッションで着るか」
「生地が薄いか厚いか」
という結論を勝手に出しました、笑

デニムジャケットって最近はやりのファーストファッションで見られる
リーバイスファーストを薄くしたようなちょいダボで着る感じ
スリムテーパードにニット帽合わせて着るような感じ?
あれって生地薄いじゃん?
なんとなくだけど、あれがデニムジャケットって感じじゃないですか

対してジージャンは革ジャンみたいにパッツりめで、セカンドみたいなカッチリした感じで
コテコテなアメカジって感じ、それを俺はジージャンと呼ぶ

正確には果たして・・・

今回はジージャンのリペアです、笑
袖口が擦り切れてほつれてしまいました
一度ボタンを外し、袖口を取り外し、丁寧にミシンで補修してから取り付け直しました
ボタンは今回はうまいこと再利用できたのでよかったです
再利用できない場合は当店の在庫でなるべく近いものを取り付けます
袖口のほつれ
ジージャンの修理
アップだとこんな感じです
デニムジャケット
あ、これはステッチ前の写真ですね
ということでジージャンの襟の擦り切れ、袖口のリペアもお任せ下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする