ジーンズボタンホールのリペア修理を手縫いで

スポンサーリンク

ボタンホール修理
ボタン穴補修
ステュディオダルチザンのジーンズのボタンホールがほつれてしまったので補修して欲しいとのご依頼です

今回はミシン補強と手縫いで行いました

ボタンホール専用のミシンはウン百万円もします、汗
ボタンを縫いかがるだけなのに・・・

導入にはとても縫製工場ほどの仕事がないとペイできません
しかし当店ではただ縫いかがるだけではなく、きちんと芯糸をその都度手作りして
芯糸を巻き込みながら手縫いしていますので見栄えもそこそこ悪くないと思います

ジーンズのボタンホールは必ずいつかほつれてきます
最初は縦糸が切れて横糸が残りボタンをはめようとすると、そのほつれた横糸の隙間にボタンが入ってしまい、正規のボタンホールを手探りで見つけて入れなおすのがけっこう面倒です
こうなってくると毎日そのジーンズを履くたびにイライラが募ります

早めに補強してあげれば安くきれいに直ります
ボロボロになってしまっても生地をミシンで補強し直してからボタンホールを開けるので
きちんと直ります

ちなみにボロボロになったところにミシンを細かく入れていくと、ボタンホール上部にふくらみが出てきますが、できるだけふくらみが出ないように工夫して縫っていきます

今年は茨城県に限らず全国的に暖かい日が続いているようですね
ようやく明日あたりから秋を感じられるかなぁと思いきや、1週間雨の予報です

僕にとっては雨は嫌なものですが、農家の方たちにとってはなくてはならないもの
そう考えると政治家ってのも大変な仕事だなぁと選挙戦を眺めながらおもふ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする