ジーンズは洗ったほうがいい理由(黄ばみと臭い)

スポンサーリンク

こんにちは、徐々に気温も低くなりそろそろダウンベストを引っ張り出そうかと思う茨城県の夜です

先日水戸市のお客様からジーンズのクラッシュをご依頼いただきました。
今回イメージなどをLINEでやりとりさせていただきましたが、ライン凄く便利です
画像の容量も気にせず送れるので、イメージを正確に共有させていただけたかと思います。

僕が得意とするデニムクラッシュの方法でご依頼いただけて良かったです。
デザインとかは少々苦手なので・・

ただ横糸の白い糸を生かしたクラッシュってけっこう好きな方が多いようで
今回はこんな感じになりました
デニムクラッシュ
もとのジーンズはこんな感じです
エドウィン
横糸はポリウレタンが少し入っておりクラッシュの際に残す事ができなかったので
白い糸は作りました

ジーンズKの修理メニューで言うところの「横糸残し」のリペアです
あらかじめお客様にイメージイラストをいただき、クラッシュしたあと力がかかるところは全てミシン補強させていただきました。

横糸の白い糸部分にはミシンをせず、周辺のみミシンで補強したのでこんなかんじになりました
白い糸のクラッシュ
ジーンズKの得意とする修理方法です

ジーンズファンの方は洗濯機でガラガラ回す方も少ないと思いますが
念のため、白い糸を残したリペアをしたジーンズは裏返しにして手洗いがいいと思います。

履いていればいつかはまた修理が必要になりますが、ジーンズは洗濯の方法でけっこう寿命が延びますし、特濃の紺藍ならお酢も少々入れて洗えば色止めになります。

よくジーンズを洗わないと言う方もいらっしゃいますが、できれば洗ったほうがいいと思います。

なぜならジーンズは汚れが付着したままだと生地がべっとりして糸が弱くなります
それと汚れが付着したままだと、汚れが酸化して黄ばみになります。

一度黄ばんでしまうと漂白が必要になりますが、できれば漂白したくないのがジーンズです

白いシャツなんかだと汚れたら洗うので逆に黄ばみになりにくいですが
ジーンズは元がだいたい濃紺なので黄ばんできているのにたいてい気がつきません
そして気づいたときには臭いとともに黄ばんでいる状態になってしまうのです

クラッシュから話がそれましたが、ジーンズは汚れや臭いが気になったら洗ったほうが良いということで!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする